MUSIC LOVER☆

斉藤和義さんと音楽と映画とおいしいものが大好き。

5/3 小沢健二 「春の空気に虹をかけ」@日本武道館 

moblog_bcfc6c6c.jpg

GW中に20数年ぶりにオザケンこと小沢健二さんのコンサートに行ってきました。
このブログを始めた時から書いている好きなアーティストです。

最初の邦楽のブログにも→
コンサートの話題にも→

チケット争奪戦にことごとく敗れたり、気がつかなかったり、
なんだかんだで20数年ご無沙汰していました(涙)
でも今回は渋谷地下の柱にどどどーーんと告知している所を通りかかり、
武道館ならと、すでに一般発売でしたが取れました。やったー。

当時一緒に行ってた親友は絶賛子育て中なので、
今回はひとり参加。ひとりだからか、一般発売だったのにいい席でした。

最近の歌は全然知らないし、下調べなしで行ったけど、
本当に本当に行ってよかったーーーーー!!!!

20数年ぶりで変わったと思うことは
お子様連れの多さと、男性の多いこと。

変わらないのは、オザケンのへたうまな歌(笑)と、
会場を包み込むあの幸福感!!!

ハープがあるのもあの時と同じ。
オープニングは知らない歌だったけど、
「僕らが旅に出る理由」で、ぶわーーーーーーーっと心揺さぶられて
涙が溢れそうで、ものすごく我慢した。ひとりだったし。
この感覚はなんなのかな?

その後もなんだかんだで半分以上は知っていて、
ワタシの就活のテーマ曲だった「戦場のボーイズライフ」であの頃を思い出し、
「強い気持ち 強い愛」でワタシも会場も盛り上がりが頂点に達した感じがしたなー。
何度も泣きそうになるあれは、なんなんだろう。

そうそう、始まってすぐ、ずいぶんコーラスの人が前にいるし
顔がめちゃめちゃ小さくて、かわいい感じの人だなーって思ってたら、
満島ひかりちゃんでした。出るなんて全く知らなかったー(笑)
演出を手伝ったり、コーラスしたり、踊ったり、
それは女優さんならではのオーラと雰囲気ですばらしかったけど、
もうちょいオザケンが歌ってよって思ったのは往年のファンの独り言です。

昔から、ワタクシがオザケンの曲に思うことは、
彼が50代になっても変わってなかったな。

やっぱり、都会と文学の香りがする。

あー、また行きたい。
今度は親友と一緒に行けますように!
強く願う。

moblog_2f0bd675.jpg

昔のCD引っ張り出してきて、スマホに落としました。
色あせてない。
そしてこみ上げる思い(笑)
この繰り返しだな。
年月たったなー。






スポンサーサイト
[ 2018/05/15 17:14 ] 邦楽 | TB(0) | CM(0)

9 /2 SWEET LOVE SHOWER 2012  

看板

前夜祭で盛り上がり、本番へ行きました!
SWEET LOVE SHOWER 2012。

今年の目当ては2組でしたので、比較的のんびりスタート。
会場に着いた時には、藤巻くんの歌が聞こえてました。

しかしまぁこの日のコンディションはよくなく、到着時雨は降ってなかったけど
足元ドロドロの水溜りたくさん。
前日、東京からきてるワタクシはレインブーツの準備などもちろんなく、
コンバースがドロドロになりましたよ。とほほほ。

とりあえずランチを食べ、デザートのカキ氷を食べてる時に雨が・・。
すでに山中湖の夏は終わっていて、持ってきたパーカーが役立ちます。

お目当てまで時間があったので、とりあえず ONE OK ROCK を見ることに。

●ONE OK ROCK

存在と歌1曲だけは知っていたけど、初めて。
人気ありましたね。
しかし、さすが蛙の子はかえる。歌うまかったー。
そしてMCでは意外と礼儀正しくて、好感もてました。(さすが元アイドル)

途中で雨が降ってきたので、カッパ装着。
野外で天候は大事だよねー。
今年はスケジュールに余裕があったので、この後は散歩したり、トイレ行ったり。


●山下 達郎

メインでございます。
達郎さんはもともと大好きで、でもライブには行ったことないし、
本人が動いてる姿も見たことありませんでしたので・・・・
最初キーボードの方をご本人だと間違えました(笑)

いやーーーー、しっかし、ものすごい歌のうまさでした。
まささに、CD。感動したなんてものじゃないです。

途中で、『夏フェスはお祭りだから、ゲストを呼びました』って
竹内まりやが登場した時は会場のボルテージ一気にマックス!
2曲も歌ってくださり、まりやさんもCDのまんまのすばらしい歌唱力。
しかもーーー、もおすっごい美しいの。もうそれにもビックリ。
「元気をだして」て友達感涙。涙しちゃうよねー。

途中まで達郎さんの歌はそれほど知ってるものがなかったんだけど、
ラストスパートすごかった!
『アトムの子』→ 『RIDE ON TIME』

これで終わり?うそ?あの歌やらない訳ーーーー?って思ったときに
最後の最後で歌ってくれました。この時期のあの名曲。

『さよなら夏の日』

イントロすぐの歌声聴いた瞬間に、鳥肌バババーーーーーッッっと。
大自然の中で聴くのびやかな歌声。
感動しないわけないです。周りでも感動の為、泣いてる方続出。
ワタシは涙こそ出なかったけど、本当に本当に感動しました。
(ちなみに前夜祭で、ワタクシ熱唱してます・笑)

やっぱり大御所ってすごいな。安定した歌声、安定した演奏。
そうそう、ギターで佐橋さんのお姿も。。。

この時に 散々うらやましがりましたが、夢かないました。
本当にステキな時間だった。1時間もやってくれました。はー、幸せ。

この後はまた時間があったので、朝取りとうもろこし食べたり、おしゃべりしたり。

DVC00193.jpg

2009年に来た時は、エレキコミックのやついいちろうさんをお見かけしたんだけど、
今年はいないねー、なんかSLS来た感じがしないねーって話してた矢先に、
普通のフェス姿でのやついさんとすれ違いました(笑)

すでにこのフェスではすべてやりきった感がある充実したものに(笑)


●Purfume

ワタクシ達メインその2はPurfume。ワタシはサマソニに続いて夏フェス2回目。
まー、人気ありますね、彼女達は。満員ですよ。
達郎さんも『Purfume見て帰ります』って言ってたしね。
そして、可愛いかわいい。衣装もサマソニとは違うものを。
セトリはサマソニと似てたけど、違いました。

あーちゃんが、”この日の為にとっておきました”と紹介したのは
大好きな『マカロニ』!!!
色んなフェスでPurfume見てるけど、マカロニは初めて!!
夕暮れ時にぴったりとあって、ステキだったー。
やっぱりワタシは中田ヤスタカ氏を尊敬する!!!!

最後の『ポリリズム』で大いに盛り上がり、ワタシ達のSLS終了!

前夜祭して~、
食べたい物食べて~、
ステキな歌聴いて~、
やついさん見て~(笑)、
天候はひどかったけど、本当に充実したフェスでした。

近々、後夜祭やる約束して山梨を後に・・・。

はぁ~、夏も終わるな・・・・。




[ 2012/09/09 00:18 ] 邦楽 | TB(0) | CM(0)

12/29 COUNTDOWN JAPAN 11/12 

111229_121856.jpg


2011年、最後のライブはやっぱりジャパンフェス~♪
仕事納めを前日済ませ、ナイスな青空、ナイスな年末。

今年2回目の幕張。やっぱり遠いけど、この楽しさですもの。
許しちゃう(←なぜか上から目線)

とりあえずタオルを買って、いざ出陣!!!!


感想もろもろは続きからどうぞ~。





[ 2012/01/17 23:33 ] 邦楽 | TB(0) | CM(0)

歌は生き続けるのだ! 

0721ピック
お土産にピックいただきました。かわいー、うれしー。

もう何日もたってるのに、まだ余韻を引きずってるワタクシ。
そのくらい、この前のライブは素敵だったのー。

で、思ったことがあったので、ちょっと書きとめたいと思います。

今回、本当に豪華なアーティストが思い思いにフジファブリックの曲を
演奏して、歌ってくださいました。

ほんと夢のような時間でしたよ。

で、昨日たまたまみてたワイドショーで、ap bank フェスのことをやってて、
ちょうど『若者のすべて』を歌ってる桜井さんを見ました。

『若者のすべて』 といえば、フジフジ富士Qではフミヤが歌った曲。
このフミヤの歌声はワタシと友達的にはすごくよくって、心が入ってて、
もしかしたら志村くんよりも上手かも?ってくらいよかったの。

テレビで見た桜井さんも、熱唱してる感じだった。

でもね、やっぱりこの歌は志村くんの声がいいって。

フミヤや桜井さんのように、すでに大物感漂うアーティストは
歌はもちろん上手で魅せ方も知ってるけど、ちょっと違うかも?って思った。

あの歌は、あの志村くんの声で、20代の大人なんだけど、
少年ぽさも残っている、ちょっとめんどくさくてひねてる感じがいいんだなーって。

こういうのって、歌のうまい下手だけじゃないんだってつくづく感じました。
すべてをひっくるめて、そのアーティストが歌う意味があるって思いました。

できたら30代になった志村くんが、40代になった志村くんが
この歌をどう歌うか聴いてみたかった。本当に聴いてみたかった。

残念だけど、それは叶わない夢。
でも、でも、歌は生き続ける。
志村くんの残したものは、ずっーーーと生き続けるのだ。

ワタシがおばあちゃんになっても、『若者のすべて』 を聴いたら、
2010年に富士急ハイランドでみたあのキレイでちょっと寂しい花火を思い出すと思う。

そうやって、ワタシの中にも歌は生き続ける。

そう思うと、人生の中にずっしりと入ってくる歌ってすごいなぁ。
それらを創造し続けるアーティストの皆様に本当敬意。

せっちゃんの歌も、すでにワタシの人生にグイグイきてますよ。フフフ。


0718夏空 0718吉田うどん 0721クロックス
翌日のすばらしい青空と、吉田うどん・つけ麺Ver.と、履いてったクロックスバンド


[ 2010/07/21 23:38 ] 邦楽 | TB(0) | CM(0)

NEO NEO MODS 2010@新木場 STUDIO COAST 

0626トライセラ1


6/26TRICERATOPSのライブに、新木場まで行ってきました!
なんとなく新木場の駅に見覚えがあるなーと思ってたら、
去年、和義さんの『COME ON!』のPV撮影に参加した時に降りたんだった。

駅を降りるとうっすらと潮のにおい。。。
ワタシがライブハウスによく行ってた頃にはスタジオコーストなんて
なかった気がするなぁ。比較的新しいところなのかしら???

人様のブログでよく写真を見かけた時に、
ライブの表示が外国みたいで可愛いなーと思ってましたが、
本物もとっても可愛かったです。

こちら↓は夜バージョン。

0626トライセラ2



会場は横長な感じで、比較的見やすかったです。
ぜんぜん意識してなかったけど、ツアー最終日だったみたいで、
めちゃくちゃ盛り上がりました。 

和田くんの放つハッピーオーラを目の当たりにして、楽しかった!!!
ヨシフミのトークに爆笑して、林のスタイルのよさに惚れ惚れしました。

いつもどーりセットリストはありませんが、ワタクシの感想にご興味ある方は
続きをどーぞ。




[ 2010/06/27 18:07 ] 邦楽 | TB(0) | CM(0)